永遠に修行中

鎖国を愛するミレシアン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルビ中級1人

アルビマラソンをしていたら、アルビ中級1人の通行証なるものを手に入れました。
ええ、そりゃあ突撃しないといけませんよね。
死ぬとわかっていても、突撃をする。
リスクばかりだとわかっていても、突撃する。
そんなファンタジーライフを送っています。

アルビ中級も、フィアード中級のように複数タゲ持ちで索敵範囲の広い敵が出てくるようです。
しかしHPは少なめなのでまぁとりあえずガンガレ的な感じらしい。


箱をあけると青ダイアウルフが2~3飛び出してきたり、ウィスプやらなんか色の悪い蜘蛛3~4匹が続けざまに出てきたりするようなダンジョンです。
紙防御の自分にはなかなかにいやらしい敵具合。
SSがないのはよほど必死だったのでしょう。

巨大クモさんもいらっしゃいます。
でかいですがここでは雑魚。
カウンターなんてないのでひたすらLBアタック。
タイミングや位置がずれるとすごい勢いで飛びついてきます。
アルビマラソンで慣れたとはいえ、こんな狭いところでこんな巨大な蜘蛛二匹と戯れたくありません。気持ち悪いです。

もはや戦士ではありません。見るからにかわいそうな人です。
何がどう「ラッキー」ボーイなのかお聞きしたいですね。
ところでMr.Childrenの新曲のトラック3「ランニングハイ」という曲をご存知でしょうか?心の中で流れていました。
♪「もう疲れた誰か助けてよ!」そんな合図出したって
誰も観ていない ましてタイムを告げる笛は鳴らねぇ
なら息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして♪

という歌詞(一部)です。そんなファンタジーライフです。

お待ちかね、灰色ベアウルフさんです。
彼らは今回、2回登場したのですが、一回も死なずに済みました。
というのも、FB5のクリティカルが偶然にも出て一発で一匹吹っ飛んでくれたおかげで、複数から迫られるという惨事は回避できたからです。
1:1になったのなら後は火を噴くだけです。

ボスは巨大黒蜘蛛だかなんだかそんなの。
こそこそと取り巻き蜘蛛を駆除し、カウンターがないのでLBアタックを余儀なくされた必死戦闘。
当方、アタックFな上に無改造なバッソを握っていたためにかなり地道な戦法でした。途中で何度かマラソンしました。
ごほうびは素敵なポポスカートでした。

ちなみに今回の地図はこんな感じです

思ったよりも赤字になりませんでした。
やっぱりフィアードのほうがマゾイといえばマゾイ。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/10(日) 19:56:34|
  2. 日常・雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<土日で買ってしまったもの | ホーム | 懲りずにアルビマラソン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Information

 

マビノギでのぐだぐだな日常。
LINK:張るも剥がすもご自由に

ラットマンの拍手素材を配布しています。

Entry

Category

Month Archive

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。